第8回関西シングルFESTA使用構築「カバドリラティはつよい」

第6世代自身最後のオフということで自分が最も好きな構築であり最も尊敬するプレイヤーのブログ名に使われている"カバドリラティ"を使いたかったためそれを軸に組んだ。

ダウンロード



詳細は追記から




カバルドン@さらさら岩 腕白 砂起こし
岩石封じ/欠伸/吹き飛ばし/ステルスロック
215 (252)-133 (4)-158 (44)-*-118 (204)-68 (4)

ドリュウズ@風船 意地っ張り 砂かき
地震/岩雪崩/身代わり/剣の舞
185-199 (204)-88 (60)-*-90 (36)-134 (204)

ラティオス@こだわりスカーフ 控えめ 浮遊
流星群/サイコキネシス/波乗り/トリック
159 (28)-*-104 (28)-200 (252)-131 (4)-155 (196)

ガルーラ@ガルーラナイト 意地っ張り 肝っ玉
空元気/ドレインパンチ/カウンター/不意打ち
197 (132)-147 (148)-129 (228)-*-100-110
197 (132)-180 (148)-149 (228)-*-120-120

ボルトロス@オボンの実 図太い 悪戯心
10万ボルト/めざ氷/電磁波/悪巧み
184 (236)-*-132 (240)-145-101 (4)-135 (28)

エルフーン@ゴツゴツメット 図太い 悪戯心
ムーンフォース/蜻蛉返り/アンコール/宿り木の種
167 (252)-*-150 (252)-97-96 (4)-136


450.png
B:A200マンムーの「氷柱針」を最大×5以外耐え
D:C194眼鏡サザンドラの「流星群」確定耐え

カバドリ選出が軸でありそれを活かすためのさら岩持ち。配分はこちらから頂いた。ゴツメやラムの実に比べて単体性能は著しく落ちるが最悪砂さえ起こしてくれれば十分であり、大抵1回は攻撃を耐えるので何かしらの仕事は行える。C92メガガルーラの冷凍ビームは2耐え出来るが冷ビ+捨て身は乱数。
技構成に関しては起点作成の為の3つとファイアロー等にも通る岩石封じ。このポケモンの最も重要な役割は砂を起こすことでありどんなに削れていても砂ターンが足りないと判断した場合は残しておくことが大切。

530.png
B:不一致「イカサマ」14%低乱数2発、A+2不一致「イカサマ」25%の低乱数1発
D:ダウンロード対策
S:S+1で最速メガゲンガー抜き

またまた配分はこちらから。ガブリアス、霊獣ランド対面でも強引に舞うことが出来る風船持ち。元々この構築にバトンメガバシャーモが入っておりバトンを繋ぎやすくする為という理由もあった。
技構成は地震、岩雪崩、剣舞は確定。パーティ全体でメガクチートが重いため不意打ちを空かす為の身代わり。

381.png
C:振り切り
S:準速ガブリアス抜き

スカーフを持たせたのはゲンガーに奇襲を仕掛けたかったというだけであり、シャドボを耐えるように調整した眼鏡でも良かった。基本的にはドリュウズを止めに来るスイクン等に後投げして流星群もしくはエスパー技を打つだけなので火力を求めての控えめ。エスパー技の通りは非常に良かったがメガガルーラの不意打ちやアローのブレバにすぐ縛られるので刺さっている様に見えても選出することは少なかった。
技構成に関してはメインウェポンである流星群、ヘラクロス意識のサイコキネシスとして残りはカバに打つ波乗りと面倒な相手に打つトリックだが後ろ2つを打つことは無かった。

115m.png
A:捨て身タックルの反動+ドレインパンチで181-121メガガルーラを大体落とせる
HB:177メガガルーラの猫騙し+捨て身タックル161-193
   194メガガルーラの猫騙し+捨て身タックル176-211
   200ガブリアスの鉢巻逆鱗136-162
   197メガボーマンダのスカイスキン+1捨て身タックル乱数1発

配分はこちらから。ほとんどの対戦で初手に置くことが出来て冷ビ持ちのガルーラを初手対面で倒す為の硬いドレインパンチを持たせたガルーラ。実際は猫騙しのダメージを見て引かれることも多いが引き先のゴツメ持ちやゲンガーにはカバを投げて起点作成することが出来る。残りの技はスイクンに投げる為の空元気とパーティで唯一の先制技である不意打ち。メガクチートが重いためカウンターを採用したが決まることはなかった。

642.png
HB:オボン込みで、182ガブリアスの逆鱗2耐え(岩石封じ+逆鱗耐え)
   200ガブリアス鉢巻逆鱗耐え
   112マリルリ腹太鼓アクアジェット確定耐え

パーティ全体でマリルリ、アローが重すぎた為採用。テンプレのHBオボンで特に言うことはない。選出することはなかった。

547.png
HB:振り切り

ここまででキノガッサ1体で壊滅するので採用。カバドリやラティオスとの相性も良くラティオスがガルーラと対面した場合はエルフーンに引いて猫騙しや不意打ちをアンコールすることが出来る。配分は持ってるのがこれしかいなかった為に流用しただけであり、調整を考えた方が良い。


結果:予選フリーザーブロック5-2 2位抜け
    決勝トーナメント1回戦落ち

6世代自身最後のオフで好きな構築を使って予選を抜けられたのは嬉しかったが直前に組んだこともあり構築の穴がとても多かったのは反省点。

対戦して下さった方々ありがとうございました。
7世代でもオフに出る事があれば頑張りたいですね。お疲れ様でした。
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。