シーズン15

シーズン15お疲れさまでした。

無題

詳細は追記から


今シーズンもいつも仲良くさせていただいているむくれねこさん(@mukureneko)に構築を頂いて潜ってました。
自分が使いやすいように少しだけいじってますが細かい調整の意図などは参照元でどうぞ。

個体解説

115-m.png

ガルーラ@ガルーラナイト 意地っ張り 肝っ玉
197(132)-159(236)-110(76)-x-101(4)-118(60)
秘密の力 ドレインパンチ 噛み砕く 不意打ち

この構築の唯一のメガ進化枠。剣舞バトン先として使うことが多い。グロウパンチを持っていないので単独で耐久ポケモンを崩すことは難しいがドレインパンチを持つことでバトン際に受けたダメージを回復できる。ガルガブの並びに無理やりガブの前で剣舞バトンしてガブを落として裏から出てくるガルーラをドレインパンチで倒すということも出来たが終盤は猫騙しを持ったガルーラが多くなかなか上手くいかなかった。対面の駒として使うならグロウパンチ、バトン先として特化するならドレインパンチ。受けループはバシャで数回剣舞してガルーラにつないでひたすら嚙み砕くことでBを下げつつヤドランを突破していた。構築上クチート軸がかなりきついので炎のパンチを入れてもいいかもしれない。


445.png

ガブリアス@ヤチェの実 陽気 鮫肌
183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
逆鱗 地震 ステルスロック 剣の舞

初手に投げてステルスロックを撒くことが多いが、明らかに龍の一貫があるパーティには加速バトンした後ボルトロス等を起点にして全抜きすることも出来る。クチート入りには大体投げる。


257.png

バシャーモ@気合の襷 意地っ張り 加速
155-189(252)-90-x-91(4)-132(252)
飛び膝蹴り 剣の舞 バトンタッチ 守る

この構築の軸。有利対面はもちろん不利対面でも襷を盾に加速・剣舞バトンをすることが出来る。相手にアローがいる場合でもブレバを襷で耐えつつ後攻バトンすることが出来るので積極的に出していく姿勢は大事。炎技が無いのでヘラ・クチートあたりに勝てない上初手でゲンガーに身代わりをされるとほぼ負けみたいな状況になりかねないので注意。クレセリア対面は守って剣舞。リザードン対面はいきなり剣舞。ガブリアス対面も守って剣舞。とにかく積極的に剣舞。


681.png

ギルガルド@命の珠 意地っ張り バトルスイッチ
159(188)-110(236)-170-x-170-91(84)
アイアンヘッド 影打ち シャドークロー 剣の舞

バトン先のエースとして使うことが多い。ガルクレセドランはバシャガルドだけでほぼ勝てる。通りがいいときはガブでステロを撒いた後バシャで剣舞・加速バトンをすることで全抜きすることも可能。終盤はガルクレセのガルーラが猫不意持ちであることも多く非常に鬱陶しかったがそれを含めても十分に強かった。ガルーラが素猫を打ってくるのが分かるときは剣舞する、万が一地震を打たれても一発なら耐える。もともと弱点保険キンシで使っていたためダウンロード対策をしていないがするべきだったかもしれない。こちらも対面重視なら弱保キンシ、バトン先として特化するなら珠シャドクロといった感じ。弱保だとクチート入りにかなり強くなる。


642.png

ボルトロス@オボンの実 臆病 悪戯心
172(140)-x-92(16)-158(100)-100-179(252) ※数値は理想個体のもの
10万ボルト 挑発 悪巧み めざめるパワー氷

普通の臆病オボンボルトロス。害悪系統に強く出るための挑発もち。なかなか選出することが出来なかったが通りがいいときにたまに出すと無難に強かった。今シーズンは火力のあるアローが増えていたため受け出すことはあまりしなかった。


091.png

パルシェン@ラムの実 意地っ張り スキルリンク
145(100)-161(252)-200-x-65-103(156)
氷柱針 ロックブラスト 氷の礫 殻を破る

バシャから剣舞バトンした後全抜きしたり自身で殻を破って全抜きをする。パルが止まらない構築がとても多くカバガル等の構築はカバの前で破ってイージーウィンできることも少なくはなかった。猫不意ガルーラが鬱陶しいので守るがほしい場面も多かったがガッサアロー等を縛れる礫を切るわけにもいかなかったので断念。ガルーラとの択は強気に出たほうがいいことが多かった。なお、HBにかなり厚いドレインパンチを持ったガルーラは+2氷柱で落ちないので注意。

使用感
バシャが出せるかどうか、エースにだれを据えるかを見極めるのが一番大事。特にパル・ガルドは場を整えれば全抜きできるシーンが多いのでこの2匹の通りをまず考える。初手でバシャとゲンガーが対面した場合はそのまま負けに直結することもありうるので後ろにガルーラかガルドは控えさせる。ガルーラ入りには高い勝率で勝つことができた反面クチート軸・受けループ・不快サイクル等にかなり弱いのでレート帯によっては全く勝てないこともあった。

まとめ
今シーズンは自分にしては早い段階で2000に乗せることができましたがそこから上手く勝てず悔しいシーズンとなりました。次真面目にレートを潜れるシーズンがあったら頑張ります。
今シーズンも構築をくださったむくれねこさん、一緒に構築を回してくれたショコラさんありがとうございました。

最高2030前後 最終1850
_20160501_225313.jpg

参照元
むくれねこさん(@mukureneko)
http://hetyamukure576.blog60.fc2.com/blog-entry-187.html
ショコラさん(@syokoractvdd)
http://syokora1920.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。