SM S2 三者三妖ガブテテフ 【最高2071】

S2.png



S2お疲れ様でした。対戦してくださった皆様ありがとうございました。


結果
レーティングバトルS2 最高2071 最終2008


詳しくは追記から




【構築経緯】
S2からは過去作も使用可能ということで序盤はカバドリを使っていたが、思うように勝てなかったのでむくれねこさんに構築案を頂いてそれを使用した。
元々のコンセプトとしては初手のガブリアスでステロ+岩石封じをした後に陽気グロ捨て身ガルーラで鋼枠を削りスカーフテテフを通す、というものであったが、7世代でメガガルーラで2体以上倒すということは難しかったため、もう一つの鋼に強いメガ枠としてリザードンを採用。
また、積みエースの障害となるミミッキュに比較的強く鋼相手にも不利をとりにくい竜舞テッカグヤを採用。
ここまでではボーマンダやギャラドス等に舞われてしまうだけで負けてしまうため、ガルーラを抜いてトリルミミッキュとアシレーヌを採用した。
構築名は3体フェアリーがいることから。

【個別解説】


ガブリアス

ガブリアス@ヤチェの実 鮫肌
陽気 183-182 (252) -115-*-106 (4) -169 (252)
地震 岩石封じ 吠える ステルスロック

構築のスタート。コンセプトである岩石封じ、ステルスロックは確定。
安定した高威力一致技である地震と起点回避も行える吠えるを採用した。

ほとんどすべての対戦で初手に出しステロを撒く。ステロ+何かが出来そうにない場合は何を優先すべきかを考える必要がある。ミミッキュと対面した場合は裏にカグヤがいる場合は交代し、いない場合は皮を剥いだ後に影打ち読みでテテフに引いたりしていたがどれも安定しないため、じゃれつく+影打ちを耐えるように調整してもよかったかもしれない。

ステロを撒いただけで捨てるのではなく出来る限り取っておくことが大切。


リザX

リザードン@リザードナイトX 猛火→硬い爪
陽気 153-136 (252) -99 (4) -*-105-167 (252)
フレアドライブ ニトロチャージ 逆鱗 羽休め

タイプ一致高威力技であるフレアドライブ、削りを入れつつSを上げるためのニトロチャージ。
ドラゴンクローでは威力が足りないので逆鱗。残り1枠は最初は剣の舞を採用していたがほとんど舞う機会がなかったため、
サイクルを回しやすくする羽休めを採用した。

相手にナットレイやテッカグヤがいた場合は出来るだけ選出する。羽休めのお陰でステロを撒かれても交代する余裕があり、
裏のテッカグヤの宿り木の種とステロを絡めることでサイクル戦になっても有利を取りやすくなった。

地震や雷パンチが欲しいと思うことも少なくなかったので羽休めの枠は要検討。


カプテテフ

カプテテフ@こだわりスカーフ サイコメイカー
控えめ 145-*-96 (4) -200 (252) -135-147 (252)
サイコキネシス ムーンフォース 目覚めるパワー炎 10万ボルト

一致技であるサイコキネシスとムーンフォース。どうしてもリザが出せない時のための保険としてめざパ炎。
あと1枠は好みだと思うがメガしてこないギャラに打てたり、カグヤにも通る10万ボルトを採用した。

最後のお掃除役。今の環境でテテフを通すことはなかなか難しいが、ステロ+サイキネで縛れる相手は多く、
障害となるポケモンを削った後の抜き性能は非常に高かった。

カグヤギャラドス対面が出来た場合はすぐにテテフに引くようにしていたが、レートが高くなるにつれ思考停止で
メガ進化されることがなくなり、ムンフォと10万の択になってしまっていた。
そのためテテフでギャラを倒す選出をしている場合に安定しないのが改善点である。


テッカグヤ

テッカグヤ@イアの実 ビーストブースト
陽気 184 (92) -138 (132) -124 (4) -*-125 (28) -124 (252)
ヘビーボンバー 地震 ニトロチャージ 宿り木の種

所謂竜舞テッカグヤ。配分はこちらから。

ステロとの相性が良くミミッキュにも強い抜きエースとして採用。
自身が抜きエースとなることも出来、また宿り木の種を打ちつつステロと合わせて相手を削っていくといった戦い方も出来るため
非常にこの構築とは合っていたように思える。

カグヤリザ対面を作ってしまうとそのまま負けに直結するので岩雪崩の採用も考えたが、宿木の種を打つ場面は多く、
切ることが出来なかった。

ただし火力も耐久も中途半端な為、起点になりやすく出来るだけ不利対面は作らないようにする必要がある。


ミミッキュ

ミミッキュ@気合の襷 化けの皮
意地っ張り 159 (228) -156 (252) -104 (28)-*-125-116
じゃれつく 影打ち 呪い トリックルーム

配分はこちらから。

カバリザやバンドリ等の上の4匹では対応が難しそうな構築に対してアシレーヌとともに選出する。
選出した場合は何があってもトリックルームをする必要があるので気合の襷を持たせ、耐久にも振ってある。

基本的にトリル呪いをするだけなのであまり特筆することはないが陽気の呪い痛み分け型にしてステロと合わせて
相手をテテフの圏内に入れていくという型もありだと思った。


アシレーヌ

アシレーヌ@アシレーヌZ 激流
控えめ 187 (252) -84-107 (100) -180 (140) -138 (12) -81 (4)
泡沫のアリア ムーンフォース アクアジェット アンコール

配分はこちらから。

トリルエース。マンダマンムー等の構築にはミミッキュなしでも選出することはある。

持ち物はこだわりメガネとの選択であったが、自分がこだわりアイテムを使用するのが得意ではない点と、
ステロ+海神のシンフォニアで多くのポケモンを落とせることに着目してアシレーヌZを持たせた。

アクアジェットは元々身代わりであったが先制技が無いことで負ける試合が少なくなかったため必要であると判断した。
アンコールは起点回避にも使えるため入れてあるが他の技でも可。


【選出】
基本的な選出としては1匹削ればテテフが通せるという場合はガブテテフ@1
テテフが通せそうにない場合はガブリザカグヤ
天候パやマンダマンムー、カバリザでアシレーヌが通る場合はガブミミアシレーヌ

重いポケモンはキノガッサやカビゴンなどで受け回し系統の構築は相手がプレミしてくれないと勝てない。
また、初手のガブミミッキュ対面でミミッキュが霊Z持ちで剣の舞をされるとそのまま何も出来ずに負ける。


以下敬体
【まとめ】
上にも書いてある通り、今回の構築は重い並びや構築が多く決して完成度が高いとは言えませんが自身の最高レートを
更新できたことは非常に嬉しかったです。
これからはがっつりレートに潜る時間は取れそうにないので厳しそうですが少しづつでもポケモンを続けていきたいですね。

Special Thanks
構築案を頂いたむくれねこさん

2071.png
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する